愛息チキントイプードル

本ブログはアフィリエイト広告が含まれています

年下夫と歳の差婚
オーディオブック聴き放題なら – audiobook.jp

【⚠️実は7歳になるクサガメ👇が三男(笑)】


私たち夫婦の愛息でトイプーのチャイは、超人見知りで、犬が大の苦手!そしてウルトラ怖がり!!
家の外に出たら「ワン!」と言ったことがない。
と言うか怖くて言えないのです。

一般的にトイプードルの性格として、
明るく、活発、社交的、人懐っこい、フレンドリー、
初めて会う犬とも友好的ですぐに仲良くなれる子が多い、
新しいことにも興味津々、
などと出ている。

まったく当てはまらない^^;

子犬の時にうちに来て、しばらくは鳴き声すら聞かなかった。
声が出ないのかなぁと心配したほどおとなしい子でした。(そういえばペットショップでも吠えたり鳴いたりしていなかった)
お散歩に連れて行っても、ほかの犬とすれ違うだけで、オドオドして尻尾を巻いて後ずさりしていました。

犬の「社会化」を頑張っていけばそのうち慣れるのかな?と考えて、休日はドッグランや犬のいっぱいいる公園へ積極的に連れて行ったりしていました。
しかし、どこへ行ってもいつまで経っても、ほかの犬と遊ぶどころか「お尻クンクン」すら出来なかったのです💧

ドッグランへ行くと動けなくなってしまい、私たちにべったりくっついて離れない。
抱っこをせがむ。
それを突き放すとベンチの下に隠れてブルブル震えて不穏状態…
フレンドリーなワンちゃんが、遊ぼ~って来ても、めっちゃ嫌がって必死に走って逃げ回る。全然ダメだった。
犬の学校にも行かせてみたけど、チャイの犬嫌いは変わらなかった。

知らない人から「可愛いね~!」って声をかけられるのも苦手なようで、警戒して後ずさりしていた。

「お散歩に行くよー」って言うだけで震えてしっぽが下がってしまっていました。
お散歩が嫌い?な犬がいるなんて知らなかったです…

かかりつけの動物病院の先生に相談してみたら、
「人間と同じように犬にもその子それぞれの性格があるんだから。この子が嫌がっているのならムリに交流させる必要はない。逆効果です。トラウマになって、もっと心を閉ざしてしまうよ」と一蹴されたのでした。

ショックでした。
夫とふたりで落ち込みました。
他のワンちゃんたちと仲良く遊べるようになったら楽しいだろうなぁと思って頑張っていたのに。

それ以降は、うちの子にはうちの子の個性があるんだ!と割り切ることにしました(*^_^*)

ドッグランでは、他の犬がいないときだけ遊ばせています。

正直、他のワンちゃんとの交流が出来ないと、私たち夫婦にも「犬友」さえ出来ないのでちょっと寂しい気がしますけどね。

でもね、このウルトラ怖がりさんの性格は、お留守番のときには助かります(^^)
テーブルの上に犬のおやつやおもちゃが置いてあっても絶対に取りません。
(テーブルの上には怖くて乗れないのです)
玄関へも怖くて行けないのです。(知らない人が来る場所だと思っている?)
怖がりすぎて、ひとりの時にはイタズラも出来ないのです。

ドッグカフェに行ってイスにカフェマットを敷いて座らせてみますが、一度も座ってくれません。(私たちにくっついていないと怖くていられないみたい)

こんなトイプーっぽくないチキンな性格で手のかかる犬ですが、私たち夫婦にとって唯一無二の息子で、かわいい癒しの宝物です💕

この子がいるだけでアニマルセラピーになってるーo(〃^▽^〃)o
夫婦関係も良くなっているし、息子たちも可愛い「弟」を抱っこしたりスキンシップして癒されてるし、おもちゃの引っ張りっこや、投げて取って来させる遊びをしたりしてとても可愛がっています。

家の中では、遊ぶの大好きな「王子さま」の我が家の末っ子めっちゃチキンなトイプードルです(^^♪

タイトルとURLをコピーしました