母の日のプレゼントはどこへ…???

本ブログはアフィリエイト広告が含まれています

親の介護



今年の母の日のプレゼントは、肩から斜めがけできる小さなポシェットにしました。

母は施設内を移動する際やデイサービスに行く時は必ず小さなショルダーバッグを斜めがけにして行きます。
バックの中にはハンカチとティッシュ、あと小銭入れ(1000円位しか持ってないが)を入れて大事そうに持ち歩いているのです。
(これを持っていると安心するみたい)

このバッグはだいぶ年季が入っていたので、同じように小さめで柔らかく軽い素材の使いやすそうなポシェットをプレゼントすることにしたのです。
そのポシェットには、母の好きな犬のチャイに似たトイプードルの小さなチャームも付けてプレゼントしました。

「わぁー、可愛いねー!これはチャイちゃんだね」「さっそく使わせてもらうよ」と顔をくしゃくしゃにして大喜びしてくれました(^^♪

数後日、いつものように母と電話で話していた時に、新しいポシェットを使ってるか聞いてみたところ、少し間があってから、

「んー、まだだね」と答えた。

んっ???
この返事はどういう意味だ?
またどこかにしまい込んで、もらったことすら忘れちゃったかな?
と推測した私。


小さな犬のぬいぐるみも付いてたでしょ?それはどうしたの?と聞いてみたら、
「えーと、可愛いかったね…」とあわてて話しを合わせているような、取り繕ったような答え方でした。

やっぱり💧
覚えていないか、、、
私は確信した。


それ以上電話でとやかく言っても母が混乱するだけなので、
「この前私がプレゼントした新しいポシェットが見付かったら、これからはそっちを使ってね。今使ってるバッグから中身を入れ替えるんだよ」とだけ伝えて、ひとまず電話を切った。

普通に会話が出来ていると、つい今までの母だと思って接してしまう。
覚えているのかと思えば、まったく忘れちゃっていたりする。
そしてまた思い出したりする時もある。
いや、思い出せない時もある。

母の居室は8畳くらいの広さで、入居するときに荷物は必要最低限しか持って行かなかったので、どこに置いたらなくなってしまうのか??
見つけられなくなってしまうのか?
である

そういえば前にも、私の息子たちの写真をベットに飾って置きたいから持ってきて欲しいと言われ、大きめに伸ばしてパウチして渡したのに、「そんなのもらってないわよ」と言われた事もあったなぁ、、、と思い出しながら。

まぁ、そのうち、「犬のチャーム付きポシェット」も部屋から(?)見つかる日がくるだろうと信じて。


タイトルとURLをコピーしました